同人誌の販売を書店に委託する方法

同人誌をどうやって販売すればいいかを悩んでいる人も多いと思いますが、自分でサイトを作って多くの人達を集められる人であればインターネットを活用して通販で販売するのも良い方法だと思いますが、同人誌は専門の書店などで代わりに販売してくれるシステムもあるので、なかなか自分では販売する自信がないという場合は、書店に委託して販売してもらう方法を取ることをおすすめします。

書店に委託して同人誌を売ってもらうことにはいろいろなメリットがあって、在庫を自宅におかなくても良かったり、自分でお金の管理をしなくても良かったり、梱包作業を自分でやらなくても良いというようなことも大きな利点となります。

書店に委託することで、自分は雑誌作りに専念できるのも大きなメリットと言えるでしょう。


同人誌を作るには

最近では自サイトで自分の趣味の雑誌を作って通販で販売している人も多く見かけるようになりましたが、自分の趣味を活かして作った本は同人誌と呼ばれていて、同人誌には個人で作るものと、同人サークルの仲間で作るものがあります。

同人誌はどうやって作ればいいのか分からないという人も多いと思いますが、同人誌の作り方には特に絶対にこうしなければいけないルールはないので、自由な発想で本という形に仕上げればいいでしょう。

最近ではパソコンを利用してデジタルで同人誌を作る人の方が多くなっていますが、今でも手書きで全てを作成して、あとはコピー機を利用して全部の作業を自分で行っている人もたくさんいます。しかし部数をある程度多く作る場合は、印刷業者に依頼した方がいいいでしょう。

参照:http://web.doujindou.com/top.html